ラウンジ

【強羅】強羅花壇で絶景を眺めながらティータイムが楽しめる「ラウンジ花影」

強羅花壇ラウンジ花影

今回ご紹介するのは、筆者が「いつか泊まってみたい!」と思っている憧れの宿「強羅花壇」内にある「ラウンジ花影」です。

ケーキとドリンクなどラウンジのみの利用も可能なため、強羅花壇の雰囲気を味わいたい方におすすめのスポットとなっています。

こちらでいただくシフォンケーキがまた、ふわっふわでかなりおいしいんです♪

強羅駅から歩いて3分!強羅花壇内「ラウンジ花影」

強羅花壇ラウンジ花影

箱根強羅の旧閑院宮別邸跡地にある「強羅花壇」は、多くの著名人も訪れるとても有名な、格式ある宿泊施設です。

強羅駅から彫刻の森駅方面へ3〜4分ほど歩いたところに、強羅花壇の入り口があります。

「強羅花壇」の敷地前に登山鉄道の踏切がありますので、こちらを渡って左手の坂を降りていきます。

強羅花壇ラウンジ花影

坂を降りてすぐの場所には「懐石料理 花壇」の入り口が。

「懐石料理 花壇」にてお食事をいただく際にはこちらから入れますが、今回はラウンジ利用なのでもう少し右手側へ進みます。

強羅花壇ラウンジ花影

ホテル・ラウンジ・売店を利用の場合はこちらの入り口からどうぞ。

強羅花壇ラウンジ花影

入り口から入ると、まるで別世界のような厳かな雰囲気を味わえます。

まっすぐ進んだところが館内入り口です。

階段を降りると「ラウンジ花影」入り口が

強羅花壇ラウンジ花影

館内入ってすぐ、玄関前のフロント左手には大きな下り階段が。

この階段を降りると・・・

強羅花壇ラウンジ花影

すぐ左手側に「ラウンジ花影」入口があります。

強羅花壇ラウンジ花影

入り口前にはメニューが。入る前にチェックしておくと、注文がスムーズです。

ちなみに、メニューに載っているサンドイッチは宿泊利用の方のみ注文可能とのこと。一般利用の場合はドリンクかシフォンケーキなどスイーツの注文のみとなるようです。

こじんまりとして居心地の良い「ラウンジ花影」

強羅花壇ラウンジ花影

こちらがラウンジ花影。

ラウンジ自体はあまり広さはありませんが、席ごとの間隔も十分取られており、居心地のよさを感じます。

座席数も少ないのですが、平日日中ならさほど混み合うこともありません。

この日はチェックアウトの時間にかぶってしまったため先客様がいらしたのですが、すぐに帰られたので注文後に窓側に移動。

席が空いてすぐ「窓側の席にどうぞ」と、窓側へ案内していただきました。このあたりの配慮はさすがですよね。

ふわふわでおいしいシフォンケーキ

強羅花壇ラウンジ花影

今回は「りんごとシナモンのシフォンケーキ」とドリンクのセット(¥1,573)をいただきました。

シフォンケーキはふわふわで香りもよく、かなりおいしい!

ドリンクはコーヒーか紅茶から選ぶことが可能です。筆者はアイスティーをチョイスしました。

強羅花壇ラウンジ花影

窓から見える箱根の絶景をぼーっと眺めながら、静かな空間でゆったりとした時間を過ごすことができます。1時間ほど過ごすだけでも、贅沢な気分が味わえますよ。

ラウンジ利用できることがあまり知られていないのか?チェックイン・チェックアウト以外の時間帯はあまり混んでいないようでした。

売店でお買い物も可能

強羅花壇ラウンジ花影

ラウンジ花影入口前の売店でのお買い物も可能です。強羅花壇オリジナルのきびもちを購入するのもおすすめですよ。

ラウンジ・売店・トイレを利用するだけでも、とても優雅で贅沢な気分が味わえます。シフォンケーキもおいしいですし、雰囲気込みでかなりおすすめです。

強羅付近にいらした際には、ぜひ一度立ち寄ってみてくださいね!

店舗情報&公式サイトリンク
<公式サイト>強羅花壇
営業時間:8:00~20:00となっていますが、一般利用可能な時間については事前に問い合わせをしてください。
定休日:なし(臨時休業等は公式サイト要確認)
駐車場:ホテル敷地内に駐車場あり(強羅駅からも徒歩圏内)
支払い方法:現金、各種クレジットカードでの支払いが可能
Wi-Fi:ラウンジ専用であり(携帯電話の電波は入りづらいです)
トイレ:ラウンジ花影前の売店向かって右手のホテル内トイレを利用可能。かなりきれいです。